FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FANCOOLER'S SUMMER

真夏日、たまにはクーラーに当たりたい扇風機のお話。


むかしむかし、猛暑が続く2007年の夏。
"節電のため"というお題目の元、ずっとこき使われていた扇風機がおったそうな。
ある日、彼は思ったそうな。
「いくら扇風機といえど、この暑さには耐えられん。たまにはクーラーを使わせろ!」
奇しくも8月16日。国内気温の最高記録を更新した日。
ついに扇風機は行動を起こすのでした。


↑というサブストーリーを知らないと、何がなんだか分からん話になってしまいました。
15秒というルールがあったとはいえ、説明が下手すぎる。
独りよがりな作品からの脱却を図りたい今日この頃です。

この作品を制作した2007年の夏は、例年にない猛暑で話題になった年でもあります。
私の部屋にはクーラーが無く、ただでさえPower Macの熱で恐ろしいことになる私の部屋で、
孤軍奮闘、頑張ってくれたのが扇風機さんでした。
この作品は「そんな扇風機を労う映像」をテーマに制作されたものです。

CGパートは3ds Maxを使用。扇風機と飛んでくる小物は、全てCGで制作されています。
これらのレンダリングデータをAfter Effectsで実写映像と合成し、エフェクトを掛けて馴染ませています。
見れば分かりますか、そうですか。

映像は二通りありますが、起承転結の「承転」の部分が異なります。

15秒で起承転結をつけなければならないCM制作の現場は、本当に大変だなと実感した次第。
続編(今度は15秒ではない)のネタもあるんですが、制作できるのはいつになる事やら。




Youtubeの方に寄せられている「で???」というコメントに相応しい作品。
ああ、自己嫌悪orz


STAFF
映像制作:中村 勇樹

備考
デジタルハリウッド中間制作作品

スポンサーサイト
プロフィール

NEMLI

Author:NEMLI
1984年生まれ
VRコンテンツ制作会社にて、デザイナー修行中。
現在の目標は、自宅で映像作品の制作が出来る環境を揃えること。

カテゴリー
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。